石川県金沢市に辻口博啓がつくる新しい調理専門学校が開校!

アクセスマップ 企業の方へ 卒業生の方へ 学生保護者専用掲示板

特別講師陣

業界で活躍しているシェフたちが当校の学生に直接指導してくれます。各シェフの想いが詰まったレシピをもとに作るだけではなく、なぜその技術や知識が必要なのか丁寧に説明してくれます。
 


山下 春幸 先生 日本料理

料理人は素晴らしい、パティシエも素晴らしい

私たちは音楽家であり芸術家であると思う。自分の表現を「食べる」と「料理」という形で表現できる、これはまさにアーティストである。人に喜んでいただき、多くの方々に笑顔になっていただく、こんなに素晴らしい職業は他にないと自負している。音楽も芸術も国境を越える。料理もまた同じくその技術と感覚を学ぶと本当に世界が広がる。皆さんは多くの夢と希望に満ち溢れていると感じる、そしてそれらはきっと「夢」という形で今は存在するだろう。その夢は日々現実のものになり、まさに翼が生えた感じがするだろう。そして一人のアーティストとして世にでるであろうと。私は世界において新和食という一つの技法で仕事をしている。多くの国々の方々と笑い、話し、感動を共有している。みなさんにも是非この感覚を感じて欲しい。本当に素晴らしい「技術の世界」「食の世界」その第一歩を素晴らしいこの場所で踏み出せることはとても素敵なことだと思う。

Profile

2003年 自身初めてのレストラン「NADABAN DINING」を神戸元町にオープン。
2012年 東京スカイツリー・東京ソラマチに「TOP TABLES SKYTREE TOWN」をオープン。
2015年 シンガポール Wine&Dineによる“Singapore Top Restaurant2015”にて、“Best New Restaurant”“House Of Stars(2stars)”の2冠を獲得。

 

 

 


吉野 建 先生 フレンチ料理

人が喜ぶ料理をつくってください。

私は調理学校出身ではありませんが、「シェフになる!」と決めたあとは常に上を目指し自分で学びの場を見つけて勉強してきました。皆さんは授業で学べるのであればそれは幸せなことかもしれません。先生のいうことを良く聞き、それでもわからないことは自分で実験してみる、そういった毎日が夢を叶えます。好きなことであれば勉強や努力は苦にならないはずです。手に入れた技術で人が喜ぶ料理をつくってください。それが自分の喜びとなり、将来の自分自身の生活の糧となるでしょう。何事も「素直」「笑顔」「健康」「感謝」「反省」「学習」を忘れずに臨んでください!

Profile

2008年 銀座4丁目に「レストラン ホテル ヨシノ 銀座」を開業。
2010年 「ミシュランガイド東京 横浜 鎌倉 2011」にて「レストラン ホテル ヨシノ 芝」が「1つ星」から「2つ星」へ昇格。
2011年 東京・広尾に「La Tortue」を開店。
2013年 16年営んできたパリの「ステラ マリス」を閉店。
2014年 「タテル ヨシノ ビズ」としてリニューアルし開店。「ブーランジェリー タテル ヨシノ プリュス」開店。
2015年 「レストラン タテル ヨシノ 芝」を閉店。

 

 

 


奥田 政行 先生 イタリア料理

君たちは何にでもなれます。

先輩たちが日本の食を文化にしてくれたおかげで、料理人も何にでもなれる時代になってきました。学生時代は成績が悪かった私も料理人という職業に出会ったおかげで店を持てるようになり、更に国や県や地方でいろいろなお仕事をいただけるようになりました。世の中には自分一人ではどうにもできない仕事が多い中で料理人やパティシエという仕事は、自分で考え自分で事を成すことができる仕事です。食文化の根付いた街金沢という地で、生活・勉強できるということは必ず将来のありとあらゆる場面で出てきます。大事な時に金沢の地を選んでみませんか。

Profile

1969年 山形県鶴岡市生まれ。高校卒業後上京、イタリア料理、フランス料理、純フランス菓子、イタリアンジェラートを修行。
2000年 現在の店(アル・ケッチァーノ)を独立開業。
2010年 農林水産省より<第一回(料理マスターズ ブロンズ賞)>を受賞する。(受賞者全国より7名)
2007年 ドルチェの店 イル・ケッチァーノをオープン。
2009年 イタリア料理店「YAMAGATA San-Dan-Delo(ヤマガタ サンダンデロ)」をオープン。
2012年 山形県産業賞受賞
2015年 鶴岡市より市政功労賞受賞

 

 

 


陳 建太郎 先生 中国料理

食の道は今も昔も変わらず大切な道です。

私は料理人の家に生まれ、小さい頃から大きなテーブルを囲んで、食事の時間は家族みんなが笑顔で溢れていました。人が生きる上で最低限必要な衣食住。人生の中でなくてはならない食を、皆さんにも楽しく学んでいただきたいです。
和洋中のジャンルを問わず、食の道を選ぶには最高の環境が用意されていると思います。ここ金沢から業界で活躍できる人材の育成に協力していき、ぜひこの素晴らしい環境で会えることを楽しみにしています。

Profile

1979年 東京生まれ。日本に四川料理を広めた四川料理の父 陳 建民を祖父に、中華の鉄人 陳 建一を父に持つ。
2005年 「赤坂 四川飯店」に入社。
2005年 「赤坂 四川飯店」に入社後、四川省成都市の「菜根香」にて、本場の四川料理を学ぶ。帰国後は「赤坂 四川飯店」に勤務する傍ら、「四川飯店」三代目として、メディアやイベント出演など幅広く活躍している。
2014年 シンガポールに初の海外店舗を出店。

 

 

 


岩城 秀史 先生 フレンチ料理

料理人は素晴らしい職業だと思います。

自身フランス料理を目指した今、毎日大勢のお客様をお迎えし喜びと、そして至福の時間を提供している職業に携わっていることに感謝をしています。
料理作りを通して社会に貢献していると実感できる時です。現在まで自分の職業を苦痛に思い感じたことはありません。この職業で良かったと、いつも誇りに思っています。将来料理人を目指している方々も専門学校での日々を大切にしてください。この時期に、どれだけ先生に質問し些細なことでも聞いて、実践してみて失敗しまた繰り返したかで、自身の数年後の能力が大きく変わってくると思います。そして学校で得た資格や調理技術を自信にして、次のステップへ繋げてください。日々努力をした人には、様々なチャンスがやって来ます。「継続は力なり」頑張ってください。

Profile

1983年 20歳でニューグランドホテルに見習いとして入社。
1988年 フランスへ渡る。3か所の三ツ星レストランで修業。
1991年 帰国し、金沢市内の弥生にあった“ル・ルミニョン”にシェフとして5年間腕を振るう。
1996年 寺町に第一号店の“ロベール・デュマ”をオープン。
2013年 “東山ロベールデュマ”オープン。